法被

お祭りに備えておそろいの法被を

近年、地域住民の間での関係というものが薄くなっているということが問題となってきています。隣の人ですら顔も名前もよく知らないということが珍しくありません。普段であればそのような状態でも問題がないという事もありますが、いざ何かあったときに近所とのつながりができていないことが問題となることもあります。最近増えている大規模災害などでは、近所での助け合いや救出といったことが重要視されています。また、高齢者の一人暮らしなどでは、近所での見守りや声掛け、適切な手助けなども必要になってくるのです。
そういった人と人とのつながりを作っていくためには、何もしないで待っているだけであいけません。地域でのイベントというものを重視していく必要があります。夏祭りなどは単なる娯楽としてではなく、その場に地域の人が集まり祭りを運営し、楽しんでいくことによって人と人とのつながりや交流を生み出すことにつながるのです。
そこで、よりお祭りを盛り上げていく工夫が必要になります。おそろいの法被などを取り入れることで、より地域住民同士での一体感が増していくでしょう。一度購入すれば、その後の祭りで再び使う事もできます。通販などでも販売されていますから、この機会におそろいの法被を揃えておくのもよいでしょう。

PICK UP

  • 法被を通販で買う事をおすすめする理由

    お祭の時に使うのが法被です。お祭には絶対にかかせないアイテムではないでしょうか。今まで用意していた人はいいかもしれませんが、だんだん古くなったり、これから新しく買う人はどこで買ったら良いか分からないと思います。そこで、おすすめなのは通販で購入する事です。通販ならわざわざ店舗を探して買う…

    Readmore

  • 法被の今昔と海外進出

    法被の形は羽織に似ているものの、広袖で衿は折り返らないのが特徴です。その起源は、武士が背中に家紋を大きく染め抜いた法被を着たのが始めとされています。次第に町火消も法被を着るようになり、これが継承されて、現在は出初式などで消防団員の法被姿を見ることができます。また、スポーツの応援席にお揃いの法被…

    Readmore

  • 法被のデザイン「腰柄」と「総柄」について

    お祭りには欠かせない法被ですが、いろいろなデザインをほどこすことができます。よくあるのが、前見頃と後見頃の腰回り部分に模様が入る、「腰柄」です。肩あたりには模様が入らないので、派手すぎにならないのが特徴で古典的な美しさを感じます。腰柄としては、シンプルなレンガ柄や二引きが有名ですね。こちらだと…

    Readmore